貯水槽清掃業

皆様はきれいで安心した水を飲んでいますか

ビル、マンション等の建物には、水道局から供給された水を一旦受水槽に貯め、ポンプや高置水槽により水圧をかけて各蛇口に水を供給しています。
この受水槽、高置水槽を合わせた設備を一般的に貯水槽水道と言います。

給水方式と水質管理責任

給水方式は、水道本管から水道メーターを経て建物内へ受け入れた水を、そのまま蛇口に導く直結式給水と、一旦受水槽へ蓄えた後に高置水槽や加圧装置等により給水する貯水槽式給水があります。
このような貯水槽式給水では、受水槽の入り口までが水道局(市町村・水道事業者)の責任範囲であり、それ以降の部分については、設置者が自ら管理すべきもので責任は設置者にあります。

このうち受水槽の有効容量が10m3を超える施設が「簡易専用水道」に該当し、10m3以下の施設が「小規模貯水槽水道」になります。(飲料水用で使用されていない場合は該当しません)
また、これまで衛生管理の規制がなかった、有効容量10m3未満の「小規模貯水槽」に対しても、一般の貯水槽同様に定期清掃等が義務づけられました。

有効容量について

簡易専用水道の設置者は、その水道利用者が安全かつ安心して利用できる水を供給するために、厚生労働省令で定める管理基準に従い適正な管理をしなければなりません。

厚生労働省令で定める管理基準

  1. 水槽の清掃を一年以内ごと1回、定期に行うこと
  2. 水槽の点検等有害物、汚水等によって水が汚染されるのを防止するために必要な措置を講ずること
  3. 給水栓における水の色、濁り、臭い、味、その他の状態による供給する水に異常を認めたときは水質基準に関する省令の表の上欄に掲げる事項のうち必要なものについて検査を行うこと
  4. 供給する水が人の兼好を害するおそれがあることを知ったときは、直ちに給水を停止し、かつその水を使用することが危険であることを関係者に周知させる措置を講ずること
  5. 一年以内ごとに1回、定期に厚生労働大臣の登録する検査機関による検査を行うこと

清掃事例・紹介

清掃のしていない貯水槽・受水槽は、こんなにも汚れています。

  • 清掃前
  • 清掃後
  • 清掃前
  • 清掃後
  • 清掃前
  • 清掃後
  • 清掃前
  • 清掃後

貯水槽は一年に一度、清掃・点検が必要です。
貯水槽方式の場合、受水槽以降の水については、その建物の所有者や管理者の責任となります。
また、貯水槽は完全密閉された構造ではなく、常に外気と触れているのでサビや汚泥の沈積、タンクの亀水槽の亀裂や整備不良による有害物質や汚水、藻の発生、小動物などの混入などで貯水槽内の水質が悪化し、利用者の健康を著しく害する恐れがあります。
建物の所有者や管理者には、その水の利用者が安心して利用できる水を供給するため、一定の要件を満たす建物については年一回の貯水槽の清掃や設備・水質の定期点検が必要になります。
上記のような理由から年一回の清掃や設備・水質の適切な定期点検をお勧めしています。

給水設備の点検・修繕

貯水槽の周辺にも様々な器具が設置されており、定期的な点検が必要です。
給水ポンプや貯水槽の付帯設備、制御盤等の点検・修繕、また受水槽、高置水槽のライニング工事・塗装工事も行っています。

貯水槽関連工事紹介・事例

給水ポンプ・ユニット整備工事
貯水槽補修工事(ライニング工事)

貯水槽清掃、給水設備などでお困りの方は是非当社にお気軽にご相談下さい。